Chris Lehane

グローバル政策担当最高責任者

クリス・レヘインはAirbnbのグローバル政策&広報担当最高責任者です。世界中の政策立案者たちと連携して、家計のために部屋をシェアする人々の権利を守る常識的なアプローチを支援するAirbnbの取り組みを指揮しています。また、ホームシェアリングによって地域コミュニティ全体にもたらされる経済的なメリットを、一般の人々に伝える取り組みにも注力。誰もが暮らすように旅ができるよう、Airbnbが「旅行の民主化」をどのようにサポートしているかを伝えるためのイニシアチブも指揮しています。Airbnbに入社する前は、政治、企業、テクノロジー、エンターテインメント、プロスポーツなどのクライアント向けに戦略的なコンサルティングを行っていました。1990年代にはクリントン政権下でさまざまな役職に就き、アル・ゴア副大統領の報道官やビル・クリントン大統領の特別法務補佐官、アンドリュー・クオモ住宅都市開発長官の参事官も経験。本の執筆を行い、映画の共同プロデューサーとしての顔も持ち、スタンフォード大学経営大学院で経営学も教えています。レヘインは1990年にアマースト大学を、1994年にはハーバード・ロー・スクールをそれぞれ卒業。現在はアマースト大学の評議員や、子どもの健康促進を目的とした非営利組織コモン・センス・メディアの諮問委員、AT&Tにて学習向上のための教育テクノロジー推進に取り組むアスパイア・アクセラレーターなども務めています。現在は人権問題専門の弁護士である妻のアンドレアと息子2人(ドミニクとクインシー)とともに、サンフランシスコで暮らしています。

< Airbnbについて